レビュー

アニメ「ケムリクサ」の感想や見どころ:謎が好奇心をくすぐる!

ケムリクサ

「ケムリクサ気になるけど、どんなアニメかよく分からないな」

「1話目見たけど続きどうしよう……」

そんな人のために、アニメ「ケムリクサ」の感想や見どころについてネタバレ少なめで紹介していきます。

悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください♪

「ケムリクサ」のあらすじ・短評

TVアニメ 「ケムリクサ」PV – 2019年1月9日 放送スタート

 

あらすじを表示する

崩壊した建物だらけの、荒れ果てた土地。

この「島」と呼ばれる場所で、「赤虫」と戦いながら水を求めて暮らす3人の姉妹がいた。

そんな彼女たちの前に、ある日記憶を失った男性が現れる。

この男性は何者なのか? そもそも一体ここはどういう場所なのか……

けものフレンズの「たつき監督」ということで、注目を集めている作品ですね。

  • 色々な謎
  • 姉妹たちの微笑ましいやり取り
  • 赤虫との戦い

といった要素が見どころのアニメです。

独特な雰囲気で序盤はやや世界観についていきにくかもですが、回が進むごとにドンドン面白くなります

アニメ「ケムリクサ」の詳しい感想と見どころ

1.独特の絵はすぐ慣れる!

ケムリクサは3Dアニメということで、ちょっと絵柄が独特です。

始めの内は違和感があって少し戸惑うかもしれませんが、意外とすぐ慣れるので安心してください。

僕も3D系は得意じゃないんですが、ケムリクサに関しては大丈夫でした。

というか不思議なことに「むしろこの作品にはこれがベスト!」なんて感じるようになるんですよねw

ついPVなどの絵柄で敬遠しそうになりますが、食わず嫌いせずにチャレンジして欲しいと思います♪

2.謎が楽しい・心地よいアニメ

このケムリクサには「?」なことがいっぱいです。

  • アカムシ(ムシ)とは何なのか?
  • ケムリクサとは何なのか?
  • 記憶喪失の男性はどこから来たのか?
  • この世界はどうなっているのか?

でもその「?」が、メチャクチャ楽しくて心地良いんです。

こういった謎が多い作品って、

訳が分からん過ぎてイライラする……

という系の物も中にはありますよね。

でもケムリクサには純粋に「なんなんだろう? どうなるの?」と好奇心をくすぐられます。

色々と自分なりに想像してみたり、少しだけ明らかになる謎に興奮したり。

すごくワクワクできて、「次が楽しみだな・早く続きが見たいな♪」という気持ちになるんです。

3.キャラにも段々と愛着がわいてくる

序盤ではなんとなく違和感もあるキャラクター。

でも回が進むとその違和感も解消されて、魅力に気づき愛着もわくようになってきます。

みんなかわいらしい一面を持っているんですよね。ちょっとした会話・やりとりにも、フフっと笑えてほっこりできますよ♪

個人的には、「りな」と「わかば」の絡みがすごく好きです。

ストーリーの本筋的には割とシリアスなんですけどね。うまくバランスが取れているので楽しみやすいです。

4.少し長い目で見ると楽しめる

ケムリクサは尻上がりにどんどん面白くなるアニメです。

逆に1話目なんかは、

  • 序盤からたくさんの「?」
  • しかし説明はほとんどない
  • 登場人物もいまいち掴めない

ということで「微妙に感じる・むしろつまらない」という人も多いはず。

しかし回が進むにつれて世界観にも慣れ、ちょっとずつ自分の中で「?」も解消されていきます。

なので焦って1話で見切りをつけず、少し長い目で見守るべきアニメなのかなーと感じました。

まとめ

以上、アニメ「ケムリクサ」の感想と見どころの紹介でした。

この記事を書いてる時点ではまだ5話目ですが、本当に噛めば噛むほど面白くなるアニメです。

これから見る人は始めの3話くらいをまとめて視聴すると、一番分かりやすくて作品にも入りやすいんじゃないかと思います。

好奇心をくすぐられるたくさんの謎と、フフっと笑える姉妹たちのやり取りはおすすめですよ♪

新着記事